売買単位の一枚ってなに?

先物取引では「1枚を購入する」と言ったりするぜ。
取引をするときには1枚・2枚などと数え、倉荷証券を何枚買うかという所から来ている。
先物取引とは商品を購入する事を意味し、取引所が指定した倉庫が発行する商品の預かり表を発券してもらいる。
実際にこの券を倉庫に持って行くと指定の商品と交換してもらえまずぜ。
だが投資という意味の先物取引では商品を実際に取引する事はなく、倉荷証券と現金との取引で行われます。

金融と投資 関連情報

地元経済界から、中小・零細企業に対して金融機関の貸し出し姿勢が厳しくなっているとの指摘があった。これに対し、白川総裁は「(景気が停滞している中で)金融機関が信用リスクの評価について新しい目線で見ることは当然で、全体としてどうなるかを注意したい」と述べた。 日本銀行の白川方明総裁は25日、大阪市内のホテルで開かれた地元経済4団体との懇談会で、金融機関の中小企業への融資について、「金融を巡る状況が変化しており、中小企業への貸し出しは減少している」との認識を示した。 ただ、07年1〜3月期の証拠金に対する取引額の倍率は平均で証拠金の8・5倍だったが、08年1〜3月期には5・7倍へ下がった。 針葉樹のアカエゾマツの苗木を同行が購入し、環境保全団体を通じて2010年秋に植栽。樹木は北海道大学に帰属する。国債を100万円以上購入した顧客には、植林番号が記載された証明書が発行され、現地で“自分の木”を確認することも可能だ。