売買単位の一枚ってなに?

先物取引では「1枚を購入する」と言ったりするぜ。
取引をするときには1枚・2枚などと数え、倉荷証券を何枚買うかという所から来ている。
先物取引とは商品を購入する事を意味し、取引所が指定した倉庫が発行する商品の預かり表を発券してもらいる。
実際にこの券を倉庫に持って行くと指定の商品と交換してもらえまずぜ。
だが投資という意味の先物取引では商品を実際に取引する事はなく、倉荷証券と現金との取引で行われます。

金融と投資 関連情報

20日は、中国政府が減税や市場安定策などを含む2000億〜4000億元(約3兆2000億〜6兆4000億円)の景気対策を検討しているという情報が市場で流れたことが買い材料となった。電力料金値上げや原油価格の安定なども好感され、大半の銘柄がストップ高まで買われた。 個人向け国債は、大手行、証券会社などの間で販売競争が激化し、商品券贈呈などのキャンペーンを行うところが多い。同行は今年6月の販売時にも、二酸化炭素の排出権取得を組み込むなど、環境問題への取り組みを積極的に打ち出して差別化を目指す。申し込みは、店頭のほか、インターネットのホームページ上では24時間受け付ける。 FX取引は、取引業者に一定額の証拠金を担保として差し入れれば、何倍もの額の外国通貨の取引ができる。国内の低金利を嫌った個人投資家の人気を集める一方で、為替動向によっては多額の損失を被るリスクも指摘されている。 日本銀行は27日、少ない元手で多額の為替取引ができる「外国為替証拠金取引」(FX取引)の実態に関する調査結果を発表した。2008年1〜3月期の取引口座数は142万口座、取引高は222兆円で06年4〜6月期と比べて口座数で3・7倍、取引高で2・6倍にそれぞれ急増した。1日当たりの取引高は1・9兆円(07年1〜3月期)で、日銀は、世界の外国為替市場の円スポット取引の1割程度にまで拡大していると推計している。