トータルビューティーをコンセプトにしている

身近な存在のナリス化粧品ですが、意外かと思われるかもですけども、エステティックサロンやトラベルの運営もしているのですよね。
エステティックサロンは、ナリス化粧品がトータルビューティーをコンセプトにしていることからも分かるのですけど、旅行会社も運営していたとはちょっと意外ですね。随分手広くしているんですね。
確かに、ナリス化粧品は海外にも進出しているくらいだから、よく考えたら不自然ではないのかもしれませんけど。

健康と医療 関連情報

国立病院機構東京医療センター(東京都目黒区)にくも膜下出血で入院中の40代男性が29日、臓器移植法に基づく脳死と判定された。30日午後から臓器の摘出が始まる予定。97年の法施行後、75例目の脳死判定で、臓器移植としては74例目。日本臓器移植ネットワークによると、心臓は国立循環器病センター(大阪府吹田市)で40代男性、両肺が岡山大で10代女性、肝臓が大阪大で50代男性、腎臓は東京女子医大の30代男性、もう片方の腎臓と膵臓(すいぞう)は広島大で40代女性に移植される見通し。  神谷教授らは、細胞内のカルシウム濃度を調節する「リアノジン受容体」と呼ばれるたんぱく質に注目。このたんぱく質は、脳の中で記憶を作るのに重要な働きをする部分に多いことを見つけた。  森山教授は「グルタミン酸だけでは説明が難しい情報伝達の仕組みが、アスパラギン酸の働きを調べることでわかるかも知れない。認知症などの薬の開発につながる可能性もある」と話している  記憶は、神経細胞が変化して、信号が伝わりやすくなることでできると考えられており、細胞の変化にはカルシウム濃度がかかわる。神谷教授らは、カフェインでこのたんぱく質を刺激すると、細胞内のカルシウム濃度が通常より上がり、信号が伝わりやすくなることを確かめた。