トータルビューティーをコンセプトにしている

身近な存在のナリス化粧品ですが、意外かと思われるかもですけども、エステティックサロンやトラベルの運営もしているのですよね。
エステティックサロンは、ナリス化粧品がトータルビューティーをコンセプトにしていることからも分かるのですけど、旅行会社も運営していたとはちょっと意外ですね。随分手広くしているんですね。
確かに、ナリス化粧品は海外にも進出しているくらいだから、よく考えたら不自然ではないのかもしれませんけど。

健康と医療 関連情報

 神谷教授らは、細胞内のカルシウム濃度を調節する「リアノジン受容体」と呼ばれるたんぱく質に注目。このたんぱく質は、脳の中で記憶を作るのに重要な働きをする部分に多いことを見つけた。  この日は午前11時からのオープニングセレモニーで幕を開けた。自らがんと闘いながら準備を進めてきた金子明美・実行委員長(40)は「参加する患者さんに喜んでもらえるイベントにしたい。成功させるために終わるまで気が抜けません」と話した。リレー中はキャンドルに火をともし、がんで亡くなった人をしのぶ「ルミナリエ」などが開催される予定だ。  推計では、団塊の世代がすべて65歳以上となる2015年時点ですでに、05年の1.5倍の約302万人に上る。研究班の粟田主一・仙台市立病院神経精神科部長によると、主な増加要因は高齢化という。  都道府県別推計では、35年時点で05年比の増加が最も大きいのは埼玉県の3.1倍。千葉県と神奈川県の2.9倍▽愛知県2.6倍▽大阪府2.5倍▽東京都2.4倍が続いた。団塊の世代が多く住むベッドタウンで増加が著しい。最も低いのは島根県の1.5倍。粟田部長は「地域の実情に応じて、都道府県や市町村ごとにきめ細かい対策を考える必要がある」と話す。(