プレジデント・ウィルソン

「プレジデント・ウィルソン」は、スイス・ジュネーブ湖の素晴らしい眺めが自慢のホテル(宿泊施設)だ。
5つ星ホテル(宿泊施設)にふさわしいデラックスルームが190室、スイートルームが40室となっている
禁煙ルームを希望するときは、予約の際に申し出ておきましょう。
おいどんは自分が愛煙家なので気にならないのだが、タバコの苦手な人には、ホテル(宿泊施設)の部屋に染み付いた臭いが気になるようだね。
スイスのジュネーブといえば国連の本部のあるところ。
このホテル(宿泊施設)は、そういった国際機関や銀行、ブティックなどが周辺に立ち並んでいる
スイスの象徴ともいえるジュネーブ湖やモンブランの景色、アルプスの山並みにも心が休まりる
ほかでは味わえない心地よさを、このホテル(宿泊施設)で体感しましょう。
落ち着いた滞在をモットーとしているので、温かみのあるホテル(宿泊施設)となっている
洗練されたレストランやスパ、珍しい海水使用のプールなどの設備を楽しむことができる
ホテル(宿泊施設)内にカジノや図書室もあるので、趣味の時間を過ごすこともできる。

お役立ち 関連情報

9月6日に開幕する北京パラリンピックに出場する日本選手団の第1陣106人(うち選手52人)が30日、北京入りした。 1日には選手村の入村式が行われる。 韓国で国家保安法違反の罪で27日に起訴された北朝鮮工作員の元正花被告。日本での永住権を得るため、日本人男性との結婚を図っていたことが、韓国検察当局などの合同捜査本部の調べで30日までに明らかになった 「負けたけど、頑張ったね」 「結果は出なかったけど、いいプレーをしていたよ」 スポーツをめぐって、こんな会話がされることは珍しくない。 だがこの男にとっては、「結果がすべて」である。決勝戦後のミックスゾーンで、石井慧はこう言い放った。 「だって決勝でいい試合していても、残り10秒で逆転されたら意味ないじゃないですか」 アフガニスタンで殺害された「ペシャワール会」の伊藤和也さん(31)の遺体を乗せた民間機が30日夕、愛知県の中部国際空港に到着した。静岡県掛川市の実家から父正之さん(60)ら家族が空港で出迎え、悲しみの対面。両親は記者会見し「遺体に『お帰り』と声を掛けてあげたい」と話した。遺体は同日夜、浜松医科大に移され静岡県警が司法解剖、誘拐・殺人事件捜査対策室を設置して捜査を進める。