プレジデント・ウィルソン

「プレジデント・ウィルソン」は、スイス・ジュネーブ湖の素晴らしい眺めが自慢のホテル(宿泊施設)だ。
5つ星ホテル(宿泊施設)にふさわしいデラックスルームが190室、スイートルームが40室となっている
禁煙ルームを希望するときは、予約の際に申し出ておきましょう。
おいどんは自分が愛煙家なので気にならないのだが、タバコの苦手な人には、ホテル(宿泊施設)の部屋に染み付いた臭いが気になるようだね。
スイスのジュネーブといえば国連の本部のあるところ。
このホテル(宿泊施設)は、そういった国際機関や銀行、ブティックなどが周辺に立ち並んでいる
スイスの象徴ともいえるジュネーブ湖やモンブランの景色、アルプスの山並みにも心が休まりる
ほかでは味わえない心地よさを、このホテル(宿泊施設)で体感しましょう。
落ち着いた滞在をモットーとしているので、温かみのあるホテル(宿泊施設)となっている
洗練されたレストランやスパ、珍しい海水使用のプールなどの設備を楽しむことができる
ホテル(宿泊施設)内にカジノや図書室もあるので、趣味の時間を過ごすこともできる。

お役立ち 関連情報

低気圧や前線の影響で24日、大気の状態が不安定となり、東海を中心に局地的な大雨となった。気象庁は、東海や東北は25日も雷を伴って大雨となる恐れがあるとして、警戒を呼び掛けた。静岡県の御前崎で1時間に48・5ミリの激しい雨が降り、この地点の8月としては観測史上最多を記録したほか、三重県の鳥羽で時間雨量54・5ミリ、伊豆諸島の神津島で40・0ミリを観測。東北や関東甲信でも雨脚が強まった。 タイのサマック政権の退陣を求める反政府団体・民主主義市民連合(PAD)の支持者は29日、観光地プーケットなど3空港に侵入。閉鎖に追い込んだ。PADに呼応する国鉄職員は同日、事実上のストに入り、多数の列車が運休。政府がPADの首相府占拠を放置するうちに、無法状態が広がり始めている。 ベルギー南部のフルリュスの国立放射性物質研究所で放射性物質を含むガス漏れ事故があり、当局は29日、町民約2万人に対して周辺地域で採れた野菜や牛乳などの摂取を控えるよう警告した。同国国内の原子力関連の事故としては過去最悪という。 米国では少数株主を保護する考え方が強く、支配株主が少数株主を排除するTOBを実施する際は、特別委員会が少数株主の利益を代表して支配株主と価格交渉をすることが一般的だ。今回は発行済み株式の65%を保有する三菱UFJに対し、UNBCの特別委員会が反論した格好となった。